trendseye

ガンプラ

2020年はガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」発売から40周年の記念の年だった。12月19日には実物大の「ガンプラ」が動く「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が横浜山下埠頭にオープンし、アジアのファンからも熱いエールが送られた。横浜が正に「ガンプラ」の聖地になった日だ。
今まで「ガンプラ」の聖地は物販中心の「THE GUNDAM BASE」だった。「ガンプラ」の拡大を目的に、オフィシャルショップとしてバンダイコリアが2003年にソウルに1号店を出店して以来、韓国に9店舗、2005年から台湾に2店舗、2017年になってやっと東京の出店に至る。その後2018年に上海、2019年に博多に出店しているが、現在全15店舗のうち日本国内にはわずか2店舗なのだ。ヨーロッパでも「ガンプラ」人気は高く、2020年7月末にはパリRepublic広場近くに、バンダイナムコと地元企業が「バンダイホビーストア」をオープンさせている。
1980年代初頭から特にアジアでガンダムシリーズは根強い人気を誇ってきた。昨年4月には「ガンプラ」の累計出荷数が5億個を突破し、韓国を中心に日本以外で年間販売額の5割を占めるようになった。
一方ガンダムが設置された横浜山下埠頭は地元港運協会が本拠地としている場所であり、IRカジノを誘致したい政府と市が誘致に反対している協会と開発をめぐってぶつかり合うという、話題には事欠かない場所だ。
ところで横浜の実物大「動くガンプラ」は高さ18m、横幅およそ7m、奥行き約5m、重量は約25tと迫力あるサイズだ。各パーツを動かしながら毎時「発進演出」(約8分)、毎時30分に「格納演出」(約5分)が行われる。そしてシーズン毎にひざまずいたりする「特別演出」も企画されている。
そもそも「ガンプラ」の魅力は、アニメーションでは描ききれないスケール感やディテールを製作過程で追求していける点だ。それが日本のモノづくりの根底に知らないうちに浸透し影響を与えている。最近の日本の鉄道新型車両やSUV車がガンダムフェースなのは、最先端で働くデザイナーや技術者がガンダム世代であることが少なからず影響しているようだ。
コンテナヤードとして日本の高度成長を支えてきた横浜山下埠頭がカジノ誘致をめぐって政治の暗闘の舞台となっている中、実物大「ガンプラ」が地元横浜を外資系カジノオペレーターから守る大魔神のように立ちはだかって見えるのは偶然ではないだろう。
「ガンプラ」の聖地山下埠頭は、同時に横浜港を守る鎮守の森として新しい役割を果たしていくのだろうか。

| 21.01.22 | Permalink

コネクト@チャンギ

新型コロナウイルス禍は変異株が登場し、多くの国で更なるロックダウンや居住エリアを超えた移動の制限がレベルアップ、特に海外からの入国管理につい……

| 21.01.15 | 続きを読む

分断

1月6日に行われた米国上下院合同の連邦議会で、大統領選の投票結果が覆ることはなかったが、ここまでの人数の議員が反対するのは約150年ぶりか。……

| 21.01.08 | 続きを読む

パターン認識

今年日本で起きた企業の不祥事はいくつもあったが、その原因に日本人独特の「パターン認識の欠如による予知能力の欠落」という類似性があることに気づ……

| 20.12.25 | 続きを読む

ミライ

日本もついに、2030年代にはガソリン車の新車販売を停止するとのステートメントを世界に向けて発信した。これで主な自動車生産国の方向性が定まり……

| 20.12.18 | 続きを読む

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE

ARCHIVES


1990年9月~2006年7月までの
TRENDS EYEの閲覧をご希望の方は
こちらへお問い合わせください。
ART BOX CORP.