trendseye

インバウンド爆発

最近旅行業界では「観光」という言葉が禁句になっているそうだ。代わりに好まれている言葉は「地元」なのだとか。地元の人々によるイベントを体験する旅行者が急増している。
Airbnbは昨年11月、これまでのユーザー同士の部屋の貸し借りに加え、新たに「Trip」(https://www.airbnb.jp/new)と呼ばれるローカルな「暮らす体験」を提供し始めた。部屋だけでなく「暮らし方」も提供できるホストへつないで行こうという取り組みだ。
「Trip」での「暮らす体験」とは、地元のエキスパートが企画する手作りのアクティビティだ。「侍の剣術ワークショップ」といった単独のアクティビティもあれば、「マリブでクラシックカーについて学んで実際に運転する」という数日間におよぶものまで様々である。他にも「パリでバイオリンを製作する体験」や、「ケニヤでマラソンに参加する体験」などのコンテンツもあるそうだ。このサービスの提供に伴い、世界12都市(ロサンゼルス、サンフランシスコ、マイアミ、デトロイト、ハバナ、ロンドン、パリ、フィレンツェ、ナイロビ、ケープタウン、東京、ソウル)を含む世界39都市のホストは、自身の「体験」の掲載をAirbnbにリクエストできるらしい。
世界中で制作・厳選されたプレミアムでエッジーなコンテンツを、毎日5千万人以上に提供しているデジタルメディア「VICE」とのコラボレーションも注目だ。日本からは、世界で最もゲイバー密度が高い新宿2丁目をめぐるツアーや、国際的人気を博す日本のBL漫画家から直接プレゼンテーションを受ける体験、東京のLGBTQ(Lesbian, Gay ,Bisexual, Transgender and Queer and/or Questioning)シーンを内側から見る体験などが並ぶ。地元のアンダーグラウンドなカルチャーにどっぷり浸かるユニークな旅の提案は、旅行の概念を根底から揺さぶるものだ。
地元との交流体験マッチングサイト「TABICA(タビカ)」は、日本の過疎地域869市区町村が2040年までに消滅の危機に直面するといわれる中、そうした地域の暮らしを誰もが体験できるようにすることで旅による地方活性化を目指している。
片や中国から大量のインバウンド団体旅行者が押し寄せるが、ネット上で繁殖し始めているインバウンドFIT旅行者は多様な体験に向かっている。インバウンド観光は量と質両睨みで数年以内に4000万人時代に突入するだろう。出て行く日本人は比較的均質だが、入ってくる外人は超多様だ。
観光庁の予想をはるかに超える多様性を持ったインバウンド爆発時代が、もうそこまで来ている。どうする日本!

| 17.09.15 | Permalink

拡張現実(AR)

現在神戸で開催中の「怖い絵」展は8月20日までに11万4千人が来場、ドイツ文学者で作家の中野京子氏が“恐怖”という切り口で西洋美術史上の名画……

| 17.09.08 | 続きを読む

ギャンブル大国

日本中央競馬会(JRA)の女性職員が立ち上げた「UMAJO」プロジェクトが府中競馬場に誕生させた女性のためのリラックススペース“UMAJO ……

| 17.09.01 | 続きを読む

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

先日米国ヴァージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者(KKK)の集会が行われた際、"白人同士"での暴動が勃発した。人種差別が原因の暴動で揺……

| 17.08.25 | 続きを読む

フォーミュラE

アメリカのパリ協定離脱を批判したホーキング博士が地球の「金星化」を予言する中、先日英国政府は、2040年までに国内でのガソリン車およびディー……

| 17.08.18 | 続きを読む

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE
ART BOX CORP.