trendseye

100年シミュレーション力

10月8、9の両日に行われた注目の「竜王戦七番勝負」で、藤井聡太三冠が神経戦を制して先勝した。1000手先まで脳内シミュレーションをすると言われる将棋だが、藤井棋士も豊島棋士も「ディープラーニング(DL系)」と呼ばれるソフトを導入して技を磨いているそうだ。人間が入力した棋譜情報に依存せず自主的に考えるAIソフトによるシミュレーション訓練だ。
従来型のAIが一般的な将棋の常識に則って読み進めたデータから良い手を示すのに対して、DL系AIは局面を画像のように掴んで特徴を抽出し、最後の局面まで見通した時の勝率によって手を示すらしい。
話は全く変わるが、敗戦後の1946年(昭和21年)1月1日に発せられた詔書で、昭和天皇は「天皇を現御神(アキツミカミ)とするのは架空の観念である」と述べ、自らの神性を否定して“人間宣言”をした。後に天皇の地位に根本的な危機をもたらすことになるのだが、同日マッカーサー元帥はこの詔書に対する声明を出し、(自ら仕掛けておきながら)天皇が日本国民の“民主化”に指導的役割を果たしたと高く評価してみせたのだった。
この天皇の“人間宣言”が何をもたらしたのか?天皇が現御神であった旧憲法下では、皇后以外の権典待といわれる女性から生まれた男子にも皇位継承を認めていた。しかも11の宮家を藩屏として皇位が絶えないように配慮していた。これは歴史に照らして必要と考えられていたからだ。
にもかかわらず新憲法下では、皇室典範の第1条で「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定められる。そして大正天皇と貞明皇后の間に4人の男子がいたにも関わらず、現実には戦後100年も経たずに皇室は皇位継承の危機に見舞われているのだ。DL系AIでシミュレーションするまでもなくすぐに答えが出るような結末だ。
追い討ちをかけるように秋篠宮眞子さまが10月26 日に婚姻届を出して皇室を離脱する。眞子さまの結婚は、一時金など皇室としてのしがらみ?を断ち切れば内親王でも“人権”を語り自らの意思で皇室を飛び出すことができる、という前例を示すことになった。
終戦当時の米国民政局は、「従順な日本を永遠に保持するため」に天皇の“人間宣言”を演出したが、100年後の皇室存続の危機を当時既にシミュレーションしていたかのようだ。
日本人に今最も必要なことは、現御神やアメリカの詔書に従属するのではなく、100年先を自らシミュレーションしてそれに備える力を持つことだろう。

| 21.10.15 | Permalink

オウムアムア

2016年10月に地球上の複数の天文台によって、全長約400メートル幅約40メートルの葉巻形の小惑星が、太陽系外から超高速で飛来した“恒星間……

| 21.10.08 | 続きを読む

Myスマボ

ソフトバンクグループの孫会長兼社長が、AI(人工知能)搭載のスマートロボット「スマボ」を推奨している。「スマボ」は孫氏の造語らしい。ソフトバ……

| 21.10.01 | 続きを読む

無菌国家

「コロナ禍におけるこれからの日本人の海外旅行意識調査」なるものが、JTB総研によって2021年2月に実施された。これによるとアフターコロナに……

| 21.09.24 | 続きを読む

思考停止

日本のワクチン2回接種率がようやく米国と並んで全国民の50%を超えてきた。主要ヨーロッパ諸国は70%台、英国は80%台、シンガポールとイスラ……

| 21.09.17 | 続きを読む

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE

ARCHIVES


1990年9月~2006年7月までの
TRENDS EYEの閲覧をご希望の方は
こちらへお問い合わせください。
ART BOX CORP.